【当通販サイトの商品は特記される以外、すべて1/150スケールとなっております】

【イベント】試作中 <【1/150】ストラクチャーペーパーキット>その2

UPDATE

【イベント】試作中 <【1/150】ストラクチャーペーパーキット>その2  UPDATE

シリーズ25作の記念製作です。

>以下は準備中のカート解説そのまま転載です -カート公開はもうしばらくお待ちください。

モデルモチーフは旧高畠鉄道〜山交高畠線の(旧)高畠駅。

地場産の高畠石を用いた石造りの、個性的で素晴らしい駅舎です。 路線廃止後はバスのターミナルとして使われ、バスが減便で殆どなくなった現在は、公園内のランドマークとして保存車両とともに現存しています。 初代駅長自らの設計と言われ、周囲には同じ設計思想に基づいた自動車車庫(タクシー営業所でしょうか)や変電所等も残っています。 近隣にも同様の設計の小さな平屋駅(竹ノ森)があったそうですが、残念ながらそちらはホームの跡しか残っておりませんでした。

耐震上の問題からも公開される機会がほとんどなくなってきていたのですが、今後補強工事が行われ、常時公開や町の学習施設などに活用される事が決まったようです。 綺麗すぎに復元されてしまう前に、現役時代の名残を残す現況をシリーズ25作目記念キットの題材としました。

モデルは現状重視で本屋と現存のホーム屋根の名残を再現しました。 (ホーム屋根は現役時はスレートが山型に設けられていましたが、現状はフラットになっています) 最も特徴的と言える高畠石は、積み上げた石1個相当にそれぞれ全て彫刻表現を施し立体的に再現しました。 (この所為で価格が高めになってしまいました)

また、各窓の下段部分は別パーツとなっており、内側からはめ込んで取り付けるのですが、取り付け位置をユーザーが選択調整することができます。
それにより窓が開いた(上昇した)状態をそれぞれ再現することもでき、活きた駅の姿をお楽しみいただけます。

組み立てに際して、いろいろユーザーの手でバリエーション工作ができるように心がけた構成としています。 2階床(1階天井)もあり、遮光性の高い用紙を優先して使っていますので、工夫すれば点灯化なども期待できます。

屋根はメインの1箇所屋上部分が取り外し可能な構成となっています。

組み立て難易度はそれほど高くなくて、比較的シンプルな構造。 総じての難易度は中ぐらいでしょうか。

 一般発売は秋以降を予定していますがスケジュールは未定です。

■パーツ点数約230点

■レーザーカットペーパーモデルキット

■完成寸法:W175×D100× H62(ミリ)


試作画像です。
販売版は更に良い紙を使う予定です(若干これより暗めの色調になると思います)
積み上げた石の個別の色むらを表現するには、かなり薄めに薄めた絵の具で雑に塗ったり塗らなかったりすることで、結構リアルに意外と簡単にできます。
定価は8,900円(本体)

JNMAでは超w先行販売するつもりですが、製作可能数が極端に少ないので事前のご予約を承る予定です。
ご予約いただいた分は確実にご用意できるよう努めますが、フリー分はどれくらいできるかわからないので、確実な入手には是非ご予約ください。
一般販売は秋以降に予定していますが、飛び越した24番(アイテム公表は来月ぐらい)の後になります。

窓の下段はちゃんと一段奥に。
作例では閉まっていますが、開いた(上昇した)状態にもすることができます。