【当通販サイトの商品は特記される以外、すべて1/150スケールとなっております】

【イベント】“さいたま鉄道模型フェスタ2018WINTER”(4)東新庄の顛末

【イベント】“さいたま鉄道模型フェスタ2018WINTER”(4)東新庄の顛末

JNMAだったか、鉄道模型市だったか、西桐生のアースカラーVer.を前にして富山からいらしたお客様と話している際に「この材料紙で東新庄を作ったら、きっと現実的な汚さ(いい意味ですよ)の実感的なものになるだろうから是非作って欲しい」とご意見をいただきまして、時間をみていろいろ試してきたのですが、まずは試作をご覧ください。

いい感じの汚さ(失敬)になりました。
まだ屋根の色はもう少し黒寄りに濃くするつもり。

一般発売仕様とは少し改良を加えて変えてある部分があります。
・あまり評判が芳しくなかった点字ブロック、これがある所為でレイアウト配置の際に制限ができるとのご意見から廃止しました。
駅舎が地味なので悪目立ちすると言うご意見もありましたね。
・駅名看板の付くオデコ?部分の縦筋彫りはこの試作より少し位置が変更になります。

・点字ブロックをオミットした代わりに、壁面内張りなどを少し追加しました。
この他にも微妙に変更を加えてあります。
これでGOですな、と準備進めていたところ・・・・


 

ところがある日
地鉄に乗っていたところ、東新庄には降りる時間がなかったのですが、車内から駅舎を眺めていると・・・!!??

・・・なんか変わっとる!!気がつかなかった!!

ホームへの通路部分の屋根がこれまでのスレートから随分と派手な青のトタンの波板へ、雪止めも2本。
接する壁面もここだけ色塗り替えてるし縦に線が入ってる・・・!なんかサイディング貼り替えた??!!

どうやら駅前の自転車置き場の屋根と同じ色と材質っぽい青屋根ですが、「これ再現する必要あるのか?」と悩んでるうちにどんどん日々は経過していきます(笑

完全再現を謳っているスケールモデルでもないし、イメージ優先でもいいかな?とも思ってます。
要は波板屋根が色も含めてちょっと・・・・
アースカラーVer.は本来今回の大宮イベントで販売する予定だったのですが、いろいろ仕様を代えたり悩んでたのが災いし説明書が間に合わないことになってしまいました。

とりあえず、大宮では試作品の展示と、受注製作の直販限定品なのでご予約注文をお受けさせていただく予定です。
受注製作ですので、極端なこと言えば
「私用には点字ブロック付けて欲しい」とか(すみませんが実費はご負担お願いします)
「通路の屋根は波板屋根に変更して欲しい」色は大人しい感じのアッシュブルーあたりなら、これはあまり価格に影響ないかな。
なんてオーダーメイド的な製作もご希望を伺うことができます。
小数生産故のいい加減さというか、臨機応変と言うことで・・・・

是非当日会場で試作品をご覧いただき、ご意見お聞かせください(もちろん是非ご予約もお待ちしております)
お届けは来年1月上旬~中旬を予定しております。

通販では細かい仕様オーダーは無理ですが、追ってご予約を承る予定です。