【当通販サイトの商品は特記される以外、すべて1/150スケールとなっております】

24番・・・

24番・・・

駅舎ストラクチャーシリーズで現状中抜けになっている24番。

多少お問い合わせをいただいておりまして、ありがとうございます。

9月の予定品と言うことになりますが、これになりそうです。

試作#4版未着色サンプルをスマホで撮ってみた画像です、着色版の画像はもう少しお待ちください。

▲これから細部の修整とフィッティングを調整します あまりに小さい駅舎なので隣のトイレも付けました。

▲屋根を取り外し可能にしてしまったので、組み立て難易度は意外に上がってしまいました(やめときゃよかった)

※モチーフは十和田観光の旧“七百しちひゃく駅”
車庫もある中核駅ながら、建屋の規模は非常に小さくてそれでいて“このデザイン”・・・w面白いです。
屋根のスレートが前面にまで周りこんだ異形のミニ駅舎。
(実物は現存していて保存車両関係のイベント等では活用されているようです)
2010年刊行の二見文庫「絶滅危惧駅舎 訪ねておきたい名駅舎たち」杉崎行恭 著という文庫でコンパクトながらも良い押さえどころで楽しい書籍がありまして、初めて読んだ際にこの駅のコピーというかサブタイトルが「デザイン暴走、覆面駅舎」というもので大笑いしたものです。
小さいので隣のトイレも付けて、それでもベースサイズで90×55ミリというミニマムサイズ。
パーツ点数は現状で80後半(屋根の落雪止めのパーツも試してみたのですが、小さすぎて私には手におえませんでしたので、省略するかも)